3dプリンターによる試作サービスとは

3dプリンターは3次元CADや3次元コンピューターグラフィックスのデータをもとに立体を製造する機器です。現在では企業だけでなく一般的な消費者にも普及していますが、高度な立体造形を試作する場合には専門業者のサービスを利用するのが合理的です。企業による新製品の開発など、コンピュータ上で作成したデータを立体化することにより簡単にプロトタイプを製作することができます。
現在では製造業だけでなく建築や医療、教育に航空宇宙産業まで幅広い分野で立体化の技術が活用されています。製造の分野ではデザインの検討や機能の検証が行われ、建築分野では建築模型がプレゼンテーションに利用されます。医療分野ではコンピュータ断層撮影や核磁気共鳴画像法による術前検討用モデルに、教育分野ではモノづくり教育のツールとして立体化の技術が活躍しています。また航空宇宙産業ではジェットエンジンやロケットエンジンなど重要部品の開発に大きな役割を果たします。

想像を現実のものとすることができる

様々な分野において3次元立体化の技術が活用され、不可欠な存在となっています。3次元CADや3次元コンピューターグラフィックスのデータをもとに、立体化を行う技術には様々な方法があります。光造形法は紫外線を照射することで硬化する液体樹脂を使用する方法です。紫外線のレーザービームで樹脂を選択的に硬化させて立体物を造形します。
粉末法には粉末焼結式積層法と粉末固着式積層法の2種類があります。粉末焼結式積層法は素材粉末を層状に敷き詰めて高出力レーザービームや放電により直接焼結します。この方法では樹脂系素材であるナイロンの他に、金属系素材の青銅やチタンなども利用できます。粉末固着式積層法はインクジェット方式でバインダを添加して固めるもので、デンプンや石膏などを使用しコストを抑えた立体造形が可能です。
その他にも熱溶解積層法、シート積層法、インクジェット法などの立体化技術が活用されています。立体化の技術を使用することにより、利用者が想像する様々なものを簡単に現実化することができます。

3dプリンターによる試作サービスとは

企業などが新製品のプロトタイプなどを製作する際に、3dプリンターによる立体化の技術は大きな力を発揮します。一方3次元立体化によりプロトタイプを製作するには一定の技術と経験が必要となります。高品質なものを製作する場合には、プロフェッショナルな試作サービス業者に依頼するのが合理的な方法です。
専門業者にプロトタイプの製作を依頼した場合の料金は、必要となる作業と素材によって異なります。最も料金が高くなるのは、プロトタイプの大まかなデザインのみ決まっていて詳細な寸法などの決定を専門業者に依頼する場合です。大体の設計図が存在し、3次元CADにより立体化のための具体的なデータの作成を依頼する場合には安くなります。詳細な設計図面がある場合には3次元CADデータを作成するだけなので、さらに安くプロトタイプを製作することが可能です。
素材はABS樹脂やアクリル樹脂、石膏に加えてチタンなど金属も存在します。ABS樹脂が最も安く、金属を使用する場合には高額になります。

Comments are closed.