試作のサービスで実感できる3dのプリンターの実用性

試作のサービスを見ることで、3dのプリンターの実用性を実感することができるようになります。人はいいとは聞いていてもなかなか実物を見るまでは信用しないものですから、そうしたことには、試作のサービスで見てもらうようにするのが一番です。
3dのプリンターで作られたものは、これまでの製造方法とは全く違うので一目でその違いが分かります。
継ぎ目などがなく組み立ての工程をなしでもモノ作りが出来てしまうというのは、これまでの製造にかかわる人には革命的なものとなって見えることでしょう。
熟練のモノ作りが出来る人であればあるほど実物を見たときの驚きは大きなものとなります。それが大きなビジネスにつながっていくことになります。信用がビジネスの鍵となるのはこれまでと同じです。

モノ作りの考え方がこれまでとは全く違う

これまでのモノ作りとは全く違うのが、この3dのプリンターのモノ作りです。何しろ加工条件がなく、作りたいものをそのまま作れるというのはこれまでのモノ作りの常識ではなかったことといえるでしょう。
これまでは作りたいものがあった時に、まずその形に近くするものを考える必要がありました。それは加工できる条件があることと、組み立てて作ることになるので、組み立ての工程を考える必要があったからです。さらには、手や腕が入るかなどのことも考えることも必要だったりもしました。
それが、この方法では考える必要もなく作りたいものは何でも作れてしまうことになるのです。材料などに制限がかなりあるのですが、形状というものでは制限はないので、これによってこれまででは考えられなかったものが作れるようになりました。

実物を見るのがその実力を知るのに一番早い

なんだかんだといろいろな理由を説明するよりも、実物を見るのが一番です。ですから、試作品のようなサービスで、その技術の凄さをアピールするのが一番なのです。
百聞は一見に如かずというのは、まさにこのことで、一目でこれまでは考えもしなかったようなものが出来ているものを見れば、誰もが、その凄さに気づくことになるでしょう。
この方法では実物に圧倒的な技術力が出てくることもあります。今までは部品を組み立てて出来ていたものが、部品を組み上げることなく、ボタンを一つ押せば作りたいものが出来ているというわけですから、これが製造業に革命を起こさないわけはありません。
最近は金属でも使える金属がかなり増えていて、ますますいろいろなところで使えるようになっていますから、今後さらに普及することになると考えられます。

2017年5月29日